宝くじの当たる確率って?

  • 投稿日:
  • by

takarakuji_1.jpgのサムネイル画像

みなさんは今までに一度でも宝くじを購入したことがありますか?

宝くじが当たる確率は非常に低いとはいえ、実際に当選確率がどの程度あるのかということは、
宝くじを買う際にはしっかりと把握しておきたいものです。

しかし、くじと言ってもたくさんあるわけですから色々なものがあるわけで、
種類によっても当選確率というのは変わってきます。

まず、多くの人が「くじ」と聞いて想像するものといえば、ジャンボ宝くじでしょうが
このくじの一等の当選確率というのは1000万分の1の確率になっています。
これは人に雷が落ちる確率と、同じ程度と言われているものです。

次に一般的なくじとして人気の高いものにロト6がありますが、
これの当選確率は組み合わせの数が609万6454通りあるため確率は
そのまま609万6454分の1ということになります。

そして、最後に手軽に楽しむことができるくじとして人気の高いスクラッチがありますが、
これは1等100万円が当たるもので12万5000分の1の確率になっています。


このように宝くじというのは非常に当たりにくいものではありますが、一つだけ言えることは、
どれだけ低い確率であったとしても買わなければ絶対に当たらないということです。

ちなみに今巷で話題になっているIPOは抽選にあたらなければ買えないですからね。
ゆうちょ銀行上場という、この上ない美味しい情報を手に入れましたが、
購入する以前に、まずは抽選という大きな壁を乗り越えなければなりません。
そう考えると、宝くじというのは誰でも購入することができるので、気軽に一攫千金を夢見ることができます。


宝くじのように大金をゲットすることが出来る機会というのは、普通に生活をしていてそう多くないものだけに、
あえて低い確率であっても挑戦してみて大金をつかむ夢を見るのも悪くないのではないでしょうか。